読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せーのっ、

ロンググッドバイ✋

準備の準備の準備の....

テレビを見ていたら

旅行会社の企画した国内パッケージツアーを利用していわゆる"おひとり様"で旅行をしようと考えている中高年層向けに、ツアー当日の集合場所(東京駅、羽田空港)を予習するためのバスツアーというのが企画されていてとても驚きました。

 

上野駅新宿駅で乗客を拾って東京駅と羽田空港を巡り、

例えば羽田空港まで京急線に乗って来た場合は改札からどういった経路で待ち合わせ場所まで向かえばよいか、といったことをガイドさんが先導して実際に案内してあげ、

その後は羽田空港でちょっと豪華なランチを食べるプログラムで、価格は4900円ということでした。

 

なるほどなと思ったのは、ランチ時にツアー参加者同士で情報交換など交流を行える場も設けられていたのですが、

参加者をおひとり様限定にすることで全員が周りに他人だらけという「旅の恥はかき捨て」的状態を作り出していたことです。

予め参加者の属性を周知することでお互いで質問や会話がし易いでしょうし、なにより似た悩みを抱えている人同士で悩みを共有するだけで安心感が得られるのだろうなと思いました。

(そもそも予習ツアー自体にも参加しやすくなったのだとも思います)

 

僕は小心者なので未経験のことを初めて利用する時に一人だと中々緊張しますし、そういった際にネット検索でブログなどを見つけ出し勝手を予習して安心感を得ることが多いですが

この"ネット検索で予習することで得る安心感"を、ネットをあまり使わない中高年層というターゲットに対して

事前に現場を案内してあげることで上手く提供しているなと思いました。

(実際、番組が撮影していた予習ツアー内では皆さん勉強熱心に紙とペンでメモを取られていて、

こうした形式が一番安心する層はまだまだたくさんいらっしゃるのだろうなと感じました)

 

 

高齢人口の増加と結婚率の低下という2点から今後も独り身の中高年層は増加していくと予想でき、

なおかつ時間的余裕と金銭的余裕という観点からも、彼らは旅行というレジャーの大きな消費者群になるでしょうから

こうした一人であるが故の不安・ハードルを上手に取り込めるかどうかは大事な要素なのだと理解できました。

(同時にあらゆるサービスに求められることも想像できます)

 

ちなみに参加者の中のお一人の方は、予習ツアーの集合場所の予習に上野駅を下見されていらっしゃったそうで、中々笑えないオチだな〜なんて話していました。